出会い系の中にはまだまだ敵がいます。
キャッシュバッカーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
まだまだ聞き慣れない言葉ですが、キャッシュバッカーも出会い系ではちょっと邪魔な存在です。

キャッシュバッカーとは、キャッシュバック(景品・現金)を目的に、有料のポイント制出会い系サイトに登録している会員のことです。
サクラととても良く似通っていますが、あくまでも素人の会員です。
もともとは、女性会員はもっと出会い系を使いやすいようにと考えたシステムなのですが、目的と反して、キャッシュバックだけを目的に出会い系に登録している女性もいます。
そういった女性はそもそも会うつもりがないのですから、アプローチするだけ無駄です。
見抜くのはサクラよりも難しいですが、ポイントを稼ぐためにメールを多くしようとする傾向にあるので、掲示板にやたらと書きこんだり、あまりにも同時に多くのカテゴリに登録したりしているときは要注意です。

また、直アドも当然ながら教えてくれません。
しかし、サクラと違う点は会える確立が0%ではないということです。
気が合えば、会う約束を交わすこともできるということです。
キャッシュバックもあるしちょっと気軽に登録したけど、メールを交換したら良さそうな人だったので会ってみたというケースもありえます。
しかし、やはり確立が低くなるのは事実で、ここにもネカマが潜んでいることもあります。
出会い系側としてもサイトを盛り上げるためのキャンペーンなのですが難しいですね。